2018.07.03 ブログ改装中|文・デザインの崩れを順次修正しています

ふるさと納税、返礼品の記録【2018年宮崎県高鍋町】

 

我が家は2016年からふるさと納税をしています。

返礼品は色々ありますが・・・わたしは、 食べ物 を選ぶようにしています。

その土地の名産、特産。普段はなかなか買わない美味しいものをふるさと納税でいただけるとプチ贅沢している気分で楽しいです♩

返礼品でいただいたものの感想をブログに残しておこうと思います。


 

宮崎県高鍋町

高鍋町(たかなべちょう)は、宮崎県の中央にある町で、児湯郡に属する。

江戸時代に秋月氏の治める高鍋藩の城下町として栄え、全寮制の藩校・明倫堂で人材育成に力を注いだ教育の藩であった。古くは「財部」と呼び、江戸時代に「高鍋」と改称された。

近代以降も児湯地方の中心として発展し続け、県内一面積の小さい自治体ながら、県や国の出先機関、高校、大学などさまざまな施設が集中している。

主な産業

野菜の促成栽培、ブロイラー・豚などの畜産業、茶の栽培が盛ん。このほか、焼酎、天然のカキなど。

名所

ひまわり畑

高鍋湿原

蚊口浜(サーフィン)

染ヶ丘ひまわり畑

特産品

お茶

高鍋天然牡蠣

キャベツ

参考 高鍋町フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 参考 町の公式ページ宮崎県高鍋町

 

 

九州宮崎有田牛牛乃屋謹製ハンバーグ(納税金額 15000円)

最高級和牛でのおもてなし、安心と上質の国産牛トレーサビリティ実施、最高の食材を最良に味わう食べ方をご提案する焼肉店「牛乃屋」。

そんなお肉の一番おいしい食べ方を追求する焼肉店が、肉の特性を活かした美味しいハンバーグを本気で作りました。

 

いつも、果物ばっかり選んでいるので 初めてお肉が返礼品の納税を選んでみました。

15000円納税で、有田牛のハンバーグが10個・・・じゃなくて、期間限定で1個増量の11個入っています!

 

冷凍クール便で届きました。

外側のダンボールを開けると・・・ しっかりしたキレイな箱。

 

 

中に、ハンバーグとソース(ポン酢3・デミソース3)がぎゅっと詰め込まれていました!

うわぁ〜〜見るだけで嬉しい〜〜(*´꒳`*)

 

 

ハンバーグは加熱されていないものです。(成形済みの生ハンバーグを冷凍してある)

なので食べる前にひと手間はあるのですが・・・それでも、「焼くだけで食べられる」ものはご飯を作るのが負担な時にも使いやすいですよね〜。

 

使われているお肉は有田牛100%! 刻み玉ねぎも入っています。

 

自分でハンバーグを手作りするときは豚ひき肉(良くて合挽き)なのと・・・

わたし ひき肉を手でこねる という調理があまり好きじゃないので、美味しいお肉で作られた焼くだけで食べられるハンバーグってすごく嬉しいです。

 

 

ちゃんと、パックの裏に【美味しい焼き方】も親切に書いてあります

 

玉ねぎを輪切りにして下敷きにして、水を入れて蒸し焼きにするのね。ほぉぉ・・・

 

 

ただ焼くだけじゃないんだ〜、蒸し焼きするんだ〜 と少し驚きでした。(自分で作るときは焼くだけだった)

 

せっかくなので、届いたその日の夕ご飯はハンバーグにすることに決定!

作りかたには「冷蔵庫に移して1日ほど置いて〜」と書いてあったのですが・・・、それほど時間に余裕がなかったので流水で解凍しました。(特に問題はなかったです)

 

まず付け合わせ(ほうれん草とコーン)をコショウ振って軽く炒めてお皿に盛り、フライパンをサッを拭いてからハンバーグを作りかた通りに焼いてみました。

 

 

ハンバーグの下に玉ねぎの輪切りが敷いてあるのを見た夫、

わ〜、なんかおしゃれだね〜

なんて言ってくれました。

料理得意じゃないので盛り付けにセンスはないですが。。(´・ω・`)

ソースは付属のデミソースにしてみました。今度作るときは、大根おろしとポン酢で和風ハンバーグにしようかな!

 

写真だとあんまりわからないのですが、焼けたかの確認で菜箸を刺してみたらジュワ〜っっと肉汁がー!

お箸で切って見ても、肉汁がジワ〜〜〜

静止画では伝わらないのが残念・・・!

玉ねぎもいい感じに火が通って、すご〜く美味しかったです!!

 

 

美味しい牛肉100%のハンバーグなので噛むとしっかり牛肉の味がします!

柔らかいんだけど、しっかりみっちりしてて噛むと美味しい〜

 

冷凍で届くので、冷凍庫にストックしておけるのも嬉しいです。

また今度、簡単に作りたい時にちょっと贅沢しようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です