【本の感想】なんにもない部屋のもの選び

読んだ本の中で

 

「ここが刺さった」

「新しい知識を得た」

「こういう考え方好き」

 

・・・そんな内容を、読書履歴を兼ねて残しておこうと思います

 

今回読んだ本

「なんにもない部屋のもの選び」

著者:ゆるりまい

3行まとめ

「わたしのウチには、なんにもない」シリーズのゆるりまいさんのおうちにある、ゆるりまいさんが惜しみない情熱と愛情を注ぐモノたちが紹介されている本です。

紹介されているものたちはどれも、ゆるりまいさんが大事に思っているのがわかる素敵で魅力的なものばかり。

自分にとって「本当に心からときめく物」って何だろう?そんな風に自問自答するきっかけになります。

こんな人におすすめ

  • 民芸品や昔ながらの工業製品など「職人の手で作られたもの」が好き
  • 見ているだけでも嬉しくなるけど、使い勝手も良いものだと完璧だと思っている
  • 見た目はちょっと地味でも、使い勝手が抜群なモノが好き
  • 人の「おすすめのもの」「愛用のもの」を見るのが大好き
  • 物を減らしたい、でも物が好き・・・!

 

ものを減らしたいわたしだけど、こういった本を見たり、インスタやブログでいろんな方の「カバンの中身」「愛用品」なんかを見るのは大好き。

そしてその度に物欲が刺激される・・・。笑

 

まだゆるりまいさんほどの境地には達せていないけれど、部屋のもの一つ一つを厳選して「本当にお気に入りのものだけに囲まれて暮らす暮らし」を実現したいです。

そして木製品に定期的にオイルを塗ったり・・・琺瑯やガラスを綺麗に磨いたり・・・

ゆるりまいさんの過去の本でもその話題が何度か出ていますが、そんな風に一つ一つの物を丁寧に大切に扱っていく。そんな暮らしって良いですよね。憧れる。

 

一つ一つのものを丁寧に扱うと物が自分の味方になってくれて、物事がいい方向に進んでいきそうな気がしますよね。

 

良いなと思ったものや言葉

本の中で「良いな」と思ったポイントを7つ挙げます。

お気に入りの1本の傘を使う

お気に入りの1本を使えば

置き忘れたり、乱暴に扱ったりしないので、長く大事にできる!

 

わたしもこれはかなり同意で、そうだよねそうだよねーと読みながら思いました。

 

以前は1000円以内かそれくらいの「ちょっと可愛いと思うデザインの傘」を使っていました。

けれど、うっかり者のわたしは電車やお店で置き忘れたり・・・使用後に干すのを忘れて骨が錆びてしまったり・・・

5000円くらいの本当に「素敵だ!!」と思う傘を使うようになった頃から、傘の置き忘れが全くと言って良いほどなくなりました。

 

ゆるりまいさんはオーダー傘を使っているみたい。

オーダー傘も素敵だなぁ。

 

傘は、折りたたみ傘1本だけをもつ

 

カップ&ソーサーのソーサーは小皿にも使える

ソーサーはお皿代わりにも

 

以前、アラビアのカップ&ソーサーが「ソーサーは小皿にも使える」と聞いてすごく欲しくなったんですよ・・・

でもそうか、何にも考えてなかったけど、それはアラビアだけの話じゃなかったんだ。

デザインを選べば、きっと他のカップ&ソーサーでもできることなんだなぁ

と、当然のことにこの本を見て気がつきました。

 

どんな料理にも対応できる白いお皿

少ないもので暮らすには、食器は吟味しないといけません。

飽きがこないよう、できるだけシンプルで、多くの料理に対応できるお皿が理想。

 

  • どんな料理にもそれなりに対応できて〜
  • 大きすぎず小さすぎない大きさで〜
  • 飽きがこないようシンプルなデザインで〜
  • でもシンプルすぎるとつまんないからちょっと個性的なデザインが良いなぁ〜

ゆるりまいさんが言う・・・それ!!

まさにわたしがいつも考えてること!!

 

シンプルで飽きがこなくて、でもちょっと自分にとってキュンとくるデザイン。

そんなものに出会えたら良いですよね。

食器に限らずそうなんだけど。

 

ときめく実用品…ピンクッション、朱肉入れ

この見開きページの二つ・・・すっごく!ときめく・・・

 

わたしの場合・・・どちらも使用頻度低いんですよ。

でもどちらも使うんですよ。家にないのは困る。

 

今は100均のコンパクトな物を適当に使っているのですが、こういう細かい実用品までお気に入りのものだと本当に良いでしょうね

使うのが楽しくなりそうだし、仕事にやる気が湧きそう。

 

滑り止め透明ポッチが便利

滑り止めポッチが便利、と書いてあって、早速真似っこしたくなりました。

我が家も滑り止めシートを使っているのですが、滑り止めシートは掃除するときにどかすのが面倒だし案外ずれるんですよね。ちょっとストレスです。

 

透明の滑り止めポッチは、

  • 見た目がスマート
  • 滑り止め効果もある
  • あまり目立ちたくないちょっとした目印に使える

とのこと。うーんありがたいー!

 

「仕事道具が1/4に減った」ペン

ペンはどうしても複数本持ちがちですよね。

黒と赤の二色、とか。

 

ゆるりまいさんも何種類かペンがあり減らせなかったそうですが、一本のペンに複数の芯を装着することでペンを一本に集約することができたそうです。

これは良い案。

 

「日用品が絵になるデザインって良いよね」

本当にその通り・・・!

持っていないといけない日用品が絵になるデザインって素晴らしいです。

 

絵になるデザイン・本当に気に入ったものを持つことで、満足感があって他のものに目移りもしなくなる。

今持っているものに満足して他のものに目移りしなくなると言うことは、ちょっと値段が高めのものを買ったとしても結果的には節約になり得ると言うことですね。

 

まとめ

紹介されているものどれもこれも素敵で、欲しくなってしまうものばかり・・・の、危険な一冊です。

 

ものが少なければ、掃除が簡単。

ものが少なければ、少々高価でも本当に気に入ったものにお金をかけることができる。

ものが少なければ、気に入ったものたちを手入れする余裕ができる。

 

物を丁寧に、大切に扱って暮らす。

ものが少ない暮らしなら、それができる。

そんな暮らしかたに自分もなれるように日々部屋を見直しですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です