【ハロウィン】簡単!縫わないコウモリマントの作り方【100均】

こんにちは。塩くまです。

娘(4歳)の保育園でハロウィンパーティがあり、各家庭で仮装を用意する必要がありました。

9月に100均を見ていたら、ハロウィングッズがズラ〜〜リ!

最近の100均はほんと何でもあるな〜!

娘も「おばけになる」とか「コウモリになる」とか言っていたので、100均のグッズで大丈夫そう!ヨッシャ!

・・・なんて思いながら購入を先延ばしにして早10月半ば・・・

 

100均のハロウィンコーナー終わっちゃった…クリスマスになってる…

のんびりしているうちに、頼りにしていた100均はクリスマス一色に・・・(とほほ)

とはいえ、娘の仮装を用意しないわけにはいかないので、今年はダイソーで購入したフェルトと手芸屋さんで以前購入した布ボンドでなんとかすることにしました。

結果、なんとかなりました。

 

フェルトを切って布ボンドで貼るだけなので、縫わずに簡単♩

手芸の苦手なわたしですが20分くらいでできました。

作り方をブログに残しておこうと思います。

作り方

STEP.1
材料を用意する

  • 黒いフェルト(今回はダイソーの70cm×60cmのもの)
  • 布用ボンド(以前手芸屋さんで購入したものを使用)
  • ハサミ
  • アイロン

 

ダイソーのフェルトと、以前購入して家にあった布用ボンドを使用しました。

布用ボンドががっちりとまる気がして好きなのですが、そんなに長時間(長期間)使うものでもないかと思いますし木工用ボンドでも大丈夫かもしれません。

STEP.2
生地の裁断

首回り羽部分をハサミで裁断します。

 

首回りと袖は、当日着る予定の服の袖の太さや胴の幅などを参考にして切ります。

 

首回りが切れたら、次は羽の部分を切ります。

半分に折ってから目安の線を描いたら(チャコペンを持ってないので子どもの色鉛筆を使用しました)2枚一緒に切ります

そうするとだいたい左右対称に切れます。

STEP.3
布ボンドで接着

布ボンドを塗ってアイロンで固めたら完成です!

写真では当て布を忘れましたが、当て布(フェルトの切れ端で大丈夫です)をするの推奨

STEP.4
完成!

これで完成!

上下黒の服で、できれば靴下も黒にするのがおすすめ!(我が家はいつもの靴下で、「靴下も黒にしたらよかったな〜」と思った)

 

袖を入れたら可愛いコウモリちゃんになれました。

ちなみに今回のフェルトの切れ端と100均のパッチン留めで、コウモリのパッチン留めも作ってみました。(横からの写真に写ってるもの)



着用イメージ

それぞれのシャツのサイズで作成して、

近所の友達の子(3ヶ月女の子)と、我が家の子どもたちが並んで写真を撮ってみました。

息子が動いて動いてどーにもならなかった・・・。笑

 

幼児が着ても赤ちゃんが着ても可愛く着られてとてもよかったです。

簡単にできるのでおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です